<   2017年 04月 ( 18 )   > この月の画像一覧

だぁれ?


あっ とまった
しーーっ 静かに・・

b0061787_21503213.jpg

あなたはだぁれ
誰でしょね?

と、言っている間に
車が通り
離れた場所に飛んで行って
それでも撮ったけど小さくしか写らず
トリミングしてみました


b0061787_21510952.jpg

はて?
あなたの名前は?









[PR]
by nonohana_com | 2017-04-09 22:00 | | Comments(0)

今日もウロウロ

ぐんぐん気温が上がり
25℃になりました

桜は昨日から一気に開花
b0061787_22290481.jpg
柔らかな姿を見せています

でも今日は
ミツマタの群生地に行ってきました

この道を歩き


b0061787_22232448.jpg
ズンズンと奥へ

b0061787_22243928.jpg
ミツマタの香りに包まれて
あまりの群生っぷりに圧倒されました

b0061787_22244434.jpg
NHKの関西版のニュースで紹介されて
いつもより人出が多く
「ニュースで観たから来てみた」の声があちこちで



b0061787_22243066.jpg
うーん
あんまり紹介して欲しくないなぁ
ここにたくさんの人が来るようになれば
急速に荒れてしまいそうな気がします

天空の城と言われた竹田城址
沢山の観光客にあふれ
今は見る影もない

こんなに話題になる前
誰もいなくて
石垣の上に座り、遠くを眺める夕暮れ時
「夏草や 兵どもが 夢の跡」そのもので
物悲しく寂しくて
染み入るような静寂の中
風の音だけ聞こえて
大好きな場所でした
でももう、訪れることはないと思います

ここもそんな風にならないように祈るばかり

ミツマタの下の葉
シャガの葉です
もう少しすれば、ここはシャガの群生が見られます
素敵ですよ

さて帰り道
またもや思いっきり遠回り
ミツバツツジの咲くお寺まで行ったのですが
まだ咲いていませんでした


b0061787_22245123.jpg
明日は少し遠くの桜に逢いに行ってきます












[PR]
by nonohana_com | 2017-04-08 22:50 | | Comments(0)

今朝もまた

窒息しそうになりながら
無い腹筋をブルブルさせ

ひじとジーパンの膝を泥だらけにして
地面に頬を近づける



b0061787_20404192.jpg
くるりんと丸まった葉っぱのその先に
可愛い雫が隠れてる

変だけど
「やぁ、こんにちは♪」とご挨拶

またひとつ
可愛い雫に逢えました









[PR]
by nonohana_com | 2017-04-08 12:39 | | Comments(4)

小さな

小さなものが
大切

小さな幸せが
大切

小さな思いやりが
暖か

こんな小さな雫でさえ

b0061787_15554661.jpg
私には
とても大きな喜び










昨日のお昼前から雨が降り始め
夜にはかなりの雨脚でした

今朝、7時ごろには雨もやみ
鳥たちの声も聞こえます

雫に逢える絶好の朝
カメラを持って庭に出る

今日の雫は
風鈴オダマキの若葉の小さな小さな雫です
直径2mmくらいだけれど
私にとっては「宇宙」そのもの

雨の後は「素敵」があふれています







[PR]
by nonohana_com | 2017-04-07 11:59 | | Comments(0)

三度目の正直

昨日、カタクリを撮りに行くため
おとーさんが仕事を休んで運転手してくれました

カタクリを撮りに行く前に
おとーさんの趣味の
組み木人形の材料を買いに遠くまで
そのあと
途中途中のホームセンターに寄り

カタクリの里に着いたのは薄暮のころ
早く撮らないと暗くなるぅーーーー

電源をON
あっ、カード入ってない・・・

レンズを付け替えなくていいように
カメラを2台持って行ったのですが
1台にカードが入っていませんでした

レンズを取り換えたらいいや~
そう思って入っていない方のカメラをおとーさんに預け
マクロで撮っていました
b0061787_21281663.jpg



b0061787_21280914.jpg



b0061787_21281345.jpg

さて次は広角でと思ったら
おとーさんが居ない・・・・

仕方がないのでマクロで

b0061787_21280489.jpg
 3度目のこの日
カタクリは3分咲きくらい

あと2~3日で満開かも知れません

でも、もう
今年は昨日でお終い

花にも写真にも興味のないおとーさん
それなのに3回も付き合わせて
これ以上は申し訳ないですからね
(気が急くから、本当は一人がええのん  言えないけどね)










             なんで?
[PR]
by nonohana_com | 2017-04-06 21:55 | | Comments(0)

バスでお出かけ

昨日、バス旅行に行ってきました。

行先は
淡路島の「国営明石海峡公園」と「花さじき」

とてもお天気に恵まれて
楽しいバス旅行でした

b0061787_21374700.jpg


b0061787_21374428.jpg
私って
観光地の風景写真は苦手です
ぜーんぜんワクワクしないんだもの

さて、花さじきは
菜の花のじゅうたん


b0061787_21374092.jpg
花の香りでむせ返っていました


b0061787_21373661.jpg




帰り道
こんな夕暮れでしたよ

高速のバスの窓から( -_[◎]oパチリ
b0061787_21404739.jpg

そして
昨日に続き今日は
カタクリの里へリベンジ

その話はまた明日♪










[PR]
by nonohana_com | 2017-04-05 21:49 | 日々 | Comments(2)

またもや

昨日もまた
残念な結果となりました

カタクリの花
再度挑戦に行きましたが
「先週より寒いのとちがう?」

屋台を横に見て
協力金を支払い
斜面を登る

あーぁ、やっぱりダメやね

咲いていない・・・

日の当たるところに1輪
b0061787_20082863.jpg
撮るのに行列です

次の方に交代するため
1枚がやっと

蕾のひらきかけを見つけ

b0061787_20083118.jpg
後ろに誰もいなかったのですが
撮り始めると後ろに2人
「はい、交代しますね~」

悔しいから
もう一度リベンジです

山から下りてきて
すぐ近くの山野草店には
カタクリの花が咲き誇っていました(ノд`@)

キクザキイチゲも咲いていたので



b0061787_20082512.jpg
お願いして撮らせていただきました

(´Д`;)/ヽァ・・・




雪丸
子猫さんの時はあんなに可愛かったのに

b0061787_20085107.jpg
今は昔

悪そうな顔だったり
こーんな顔だったり

でも、今も子猫さんのように
甘えるのがとても上手
憎めないんですよ











[PR]
by nonohana_com | 2017-04-03 20:22 | | Comments(0)

おめでとう

今日は雪丸のお誕生日
6歳になりました

右目がぐちゅぐちゅでふさがっていて
保護してその足で病院へ行き診察
なんとか潰れていずに見えているようだとの診断

我が家に来た当時は
b0061787_22593996.jpg
こんなに小さくて

でもとてもやんちゃで

瞬膜に毛が生えていて
抜いても抜いても生えてくる
結局、手術をして瞬膜を取りました

b0061787_23082775.jpg
少しずつ良くなって



b0061787_22484905.jpg



b0061787_22545621.jpg
毎日楽しく飛び跳ねて

つむぎにーちゃんにお世話をしてもらっていました


b0061787_23034727.jpg

実はここだけの話
雪丸の保護は偽りに満ちています



猫の保護と避妊去勢と餌やりをしている人がいました
自宅でも保護した猫を我が子とし
アパートの二部屋を猫たちの部屋とし
外にいる猫たちにも
毎日餌を運んでられました

「片目が潰れて鳴きながら彷徨っている子猫がいる」と
その方から電話があり
慌てて飛んでいくと・・・
「なんとかならんか?」と言われ
ひどい状態なので捨てておけず
すぐに保護し、その足で病院へと

家に連れて帰ったのですが
おとーさんは反対するのは目に見えていて
さて、どうしたものか・・・

その日、その夜は
鳴き声一つ立てず、おとーさんは気がつきませんでした

次の日、仕事に行ったおとーさんに電話しました
「車庫に猫が捨てられてる。箱に入れられて置いてあった」

「気がつかんかったで」
と、おとーさん
「うん、なんか箱があるなぁと開けたら入ってた
なんにも鳴かずに静かな子やし、気がつかんかったんやなぁ」
嘘つきおかーさん

里親探しをすることにし
なんとかおとーさんの許しを取りつけました

そして里親さんが見つかり
お試しにお届けする途中
雪丸のチッコとウンピを処分するため
ドライブインに立ち寄り、私は車から降りて捨てに行きました

「かーさんが車から降りたら、ちび助が狂ったように泣き叫んで
車の中、かーさんの行った方に走って行って
窓からずっと姿を探していたで
あれ見たら・・・
もし、お試しがうまく行かんかった
らうちの子にしてやんな」

そして、里親候補さんのうちに着きました

お家の中に入り
うーん
この状態でお預けするのは無理やわ
どうしよう・・・
とっても優しそうなご家族だけど
どうお断りを切り出そうかと考えている私

ビビりの雪丸は私の洋服の中に潜り込み
どうしても離れません

「実は・・」とドライブインの出来事と
おとーさんの言葉を伝えたところ
「こんなにお母さんのことが好きなのに離せない
近所で生まれた子を貰って二匹飼おうと思っていたから
雪丸君を連れて帰ってあげてください」
そう言ってくださったので
大急ぎで連れて帰ってきました

雪丸、自分の力で
我が家の子になったのです

最初に雪丸の事を連絡してきてくれた人
実は

暴力団の組長さんなんです
子分さんを連れての餌やりで
保護した猫たちを病院に連れて行くのは子分さんの役目

雪丸を病院に連れて行くとき
子分さんの車に乗せてもらって行きました
 
おとーさんはいまだに
雪丸の保護時の真実を知りません
「なんでも知ればえーってもんちゃうし」と
私は思うのですが


あかん?








[PR]
by nonohana_com | 2017-04-01 09:00 | | Comments(2)

なんだか気になる。なんだか好き。そんなものを写しましょ♪